中折れの原因の情報について

中折れとは、勃起はするけれど、性行為の最中にペニスが萎えてしまうことを言います。日本における勃起不全の患者数は、1130万と言われています。中でも、もっとも多い症状が「中折れ」で、中折れの原因は何でしょうか?本文では、中折れの原因の情報についてご紹介します。

男性ホルモン低下の原因
男性が中折れしてしまう可能性として最も高いのが男性ホルモンの低下です。男性ホルモンは男性の精力や活力を促すホルモンのこと。男性ホルモンも「男性の元気の源」と言われています。男性ホルモンは10代の頃に最も分泌量が多いのですが、年を重ねるごとに徐々に分泌量が低下していきます。40代に突入する頃にはなんと10代の頃の半分以下まで落ち込んでしまうのです。

生活習慣病の原因
次に、血流悪化で起こる勃起持続力の減衰は、多くの人がかかる生活習慣病と強いつながりがあります。特に、タバコを吸っている方は、血管が頻繁に収縮するため血流悪化しますし、脂質過多では、コレステロールが蓄積し、血管が細くなります。ペニスは人体の中でも特別に細い血管が集まる場所であるため、いったんドロドロの血液になったが最後、ペニスの末端まで血液が行きわたらなくなるのです。

心因性の原因
心因性中折れとは、体にはどこにも不調がないのに、心理的な要因で起こる中折れのことを指します。不安や緊張、プレッシャー、焦り、パートナーとの気持ちのズレなどが影響して行為の途中で性的興奮から醒めてしまい、ペニスが萎えてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です