中折れの改善方法

最近、勃起不全や中折れなどという症状はよく聞いています。中折れとは、勃起はするけれど、性行為の最中にペニスが萎えてしまうことを言います。

そんな症状が起こる原因は様々があります。器質性と心因性に分かれます。まず勃起は陰茎の海綿体にある細い血管が拡張することで、血液が流れ込み肥大化する現象。つまり大前提として血管が拡張することが必須なのです。

ですが加齢や高血圧などが原因で動脈硬化と言って血管が硬くなってしまい、拡張しにくくなって中折れしやすくなります。また加齢によって男性ホルモンのテストステロンが減少したり、血管を拡張させるのに必要な一酸化窒素の量が減るというのも原因になります。

このように主に血流と血管の健康状態によって勃起が上手くいかないことを器質性の勃起不全と言い、中折れにも大きく影響を与えることになります。

中折れの改善方法がしていますか?これから、中折れの改善方法を掲載しております。

男性ホルモンを増やすことです。男性ホルモンは、男性のカラダをつくるために必要のものですが、勃起をするためにも必要な成分なんです。男性ホルモンの「テストステロン」は性を男性らしい体つきや思考回路に発育させる作用がありますが、勃起の際にペニスへの血液導入を促進する「一酸化窒素」を供給する働きもあります。よって、中折れする人は、テストステロンの減少が原因になっている可能性があるのです。

テストステロンの分泌量は、加齢やストレスによって減少してしまいます。そのため、テストステロンの減少による中折れを改善するには、分泌量を増やす生活を心がけることが大切です。以下に、テストステロンの分泌量を増やすのに効果的な生活習慣についてまとめました。

●十分な睡眠

睡眠不眠が続くとテストステロン値が下がります。テストステロンの大部分は寝ている間に作られるので、質の良い睡眠をしっかりとれるよう心がけましょう。

●リラックスタイム

テストステロンは「副交感神経」が優位のときに盛んに分泌されます。副交感神経とは、リラックスしているときに優位に働く自律神経のことです。ぬるめのお湯にゆっくりと浸かって入浴する、心が休まる音楽を聴くなど、リラックスできる時間を持ちましょう。パソコンやテレビ、ゲームなどは「交感神経」を優位に働かせてしまうため、逆効果になります。

●運動

運動をして筋肉を刺激すると、テストステロン値が高まります。筋トレやウォーキング、ジョギングなど、体を動かす習慣をつけましょう。

●食べ物

ネギやタマネギ、ニンニクなどに含まれる「含硫アミノ酸」は、テストステロンの生成を助ける働きがあるので、積極的に摂りましょう。ただし、これさえ摂っておけば大丈夫というわけではありません。バランスの良い食生活を心がけることが第一です。
正しいマスターベーションを刺激の強いマスターベーションも、中折れの原因になります。

ペニスを強く握り過ぎたり、手を早く動かし過ぎたり、畳や布団に擦りつけたりするマスターベーションが習慣になっていると、性行為の際に女性の膣ならではの柔らかな刺激では快感を得られず、射精をするまでに時間がかかり過ぎて途中で萎えてしまうためです。

以上は中折れについての改善方法を紹介しています。もし、興味があれば、こちらでご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です