中折れと生活習慣の乱れ

中折れはまた勃起障害と呼んで、喫煙、生活習慣病など生活習慣の乱れに深い繋がりがあります。そのことはいろいろな研究、調査によって明らかにされています。中折れと言えば、多くの人は「全然勃起なくなった」といったイメージをもっています。でも、この認識が間違います。

中折れとは、セックス過程に女性のパートナーとの性行為の際は十分に勃起なく、またはペニス短小、全然勃起ない状態を意味します。

勃起の持続時間が短くて挿入できて、ゴムを付けて萎えて、勃起する状態までに時間がかかったことは全部中折れである可能性があるです。

2009年中折れの状況は生活習慣と関係がありますかで調査が行わって、これからアンケートの結果を紹介します。

調査によると、喫煙習慣の原因で、勃起の硬さが乏しくなる傾向がありました。勃起時の自信と聞いてみれば、1日の喫煙本数が多いほど、自信が失う傾向がありました。

生活習慣病には血圧、コレステロール、血糖値と深い繋がりがありました。血圧、コレステロール、血糖値が高い方は勃起の硬さを損ないやすい傾向がありました。

中折れを徹底に解消するには、中折れ治療薬だけで解決できません。中折れ治療薬は中折れを改善すると同時に、自分の体調にいい生活習慣を維持するのは大切なことです。